2021年4月3日土曜日

キッズサイエンス        「おシャーレ カレースパイス図鑑」

 【日時】3月21日(日) 

    ①9:20~9:50 ②12:20~12:50 ③15:20~15:50

【場所】港区立みなと科学館 実験室

【読んだ本】『カレーのひみつ』中村章子(ひさかたチャイルド)

【内容】カレーのルーはスパイスで出来ています。そのスパイスは植物の種や根や花でできています。実際にスパイスをすりつぶしてみました。スパイスの特徴を説明しながらシャーレを使った図鑑作りをしました

【次回】未定

2021年3月20日土曜日

第26回理科読シンポジウム

【日時】:令和3年3月21日(日曜日)9時00分~13時00分

【場所】:Zoomウェビナー

【対象】:子ども~一般 子どもの本、教育に興味関心のある方全て

【参加料】:3,000円(事前に私家版絵本と実験工作教材送付)

【申込】: 第26回理科読シンポジウム | Peatix

                https://peatix.com/event/1837703/view

【主催】:NPO法人ガリレオ工房 

【共催】(公社)全国学校図書館協議会

【協力/後援(予定)】:科学読物研究会 ファラデーの本棚 科学の本の読み聞かせの会「ほんとほんと」 塩尻市市民交流センター「えんぱーく」 山形大学SCITAセンター

【協賛(予定)】:アイカム あかね書房 アリス館 岩崎書店 岩波書店 大月書店 仮説社 学研プラス くもん出版 講談社 小峰書店 さ・え・ら書房 小学館 少年写真新聞社 全国農村教育協会 玉川大学出版部 地人書館 汐文社 西村書店 農山漁村文化協会 フレーベル館 文研出版 星の環会 ポプラ社 

【問合せ】:理科読シンポジウム事務局 galileokouboudesu1986@yahoo.co.jp 


キッズサイエンス        「おシャーレ かんぶつ図鑑」

 【日時】2月28日(日) 

    ①9:20~9:50 ②12:20~12:50 ③15:20~15:50

【場所】港区立みなと科学館 実験室

【読んだ本】『しわしわかんぶつおいしいよ』水上みのり(福音館書店)

【内容】乾燥わかめをその場でもどし、大きくなるのを見ながら乾物の特徴を説明。その後、シャーレを使った図鑑作りをしました。

【次回予定】2021年3月21日(日)時間同じ。みなと科学館にて「オシャーレカレースパイス図鑑」

2021年1月10日日曜日

ろくとほんと          キッチンにはたねがいっぱい!

 【日時】2021年3月21日(日)(1)13:00~13:45(2)14:15~15:00 

【場所】多摩六都科学館 科学学習室

【定員】各回18名 当日の開館時から先着順でエントランスホールで整理券配布

【内容】実は私たちは毎日たくさんのタネを食べています。キッチンにある「食べているタネ」の正体を調べてみましょう。

多摩六都科学館のホームページにもアップされています。

2020年12月15日火曜日

よもう!あそぼう!かがくの本  「橋をつくろう」

密を避けての開催

【日時】2020年12月6日(日) 午前10時30分~11時30分
【読んだ本】「はしをつくる」ライアン・アン・ハンター(ほるぷ出版)
形と強度の実験♬

ジャンケンに勝ち抜いて
アーチに乗った!
【内容】橋の始まりは、どんな橋から?…いろいろな橋があること、そして、橋が落ちないように色々な工夫があることを写真を見ながら楽しみました。次は、ストローを使って「トラス橋の原理」である、三角形がどれだけ強いのかを確認!
みんなでつくったアーチ橋♪
 「アーチ橋」については、木のブロックで出来たアーチ橋の模型に乗って強さを体験(大人が乗っても大丈夫!)。そのあと、紙のブロックを仕上げました。みんなでつくったブロック9個で一つの紙のアーチ橋が完成!完成した紙のアーチ橋に、レールの模型をのせて電車を走らせました。

割り箸でもできる!
ダビンチの橋(左)
【次回予定】2021年2月7日(日)南部地域センターで「ちりめんモンスター」を開催を予定していますが、感染拡大の具合次第となるため、現時点では開催は未定。

【感染対策の工夫の1つとして】読み聞かせや、ブックトークでは、蜜になるため、いつものように集まることができません。今回も書画カメラを導入。スクリーンに映しだして、どんな絵本の、どんなお話で、何か魅力なのか…を、聞きました。

2020年12月11日金曜日

第2回こどもとしょフェス2020  『ほんとほんとが選ぶ20冊』展示

【日時】2020年12月9日(水)13:00〜18:30、10日(木) 9:30〜16:00

【場所】東久留米市役所1階 市民プラザホール

【内容】東久留米市立中央図書館主催「こどもとしょフェス2020」において、夏の「こどもとしょフェス2020(8月19日(水)、20日(木) )」と同じく、「よもう!あそぼう!かがくの本」の展示と、『ほんとほんとが選ぶ20冊』の本の展示と20冊の本リストも配布しました。読みたい本は、そのまま借りることもできます。

2020年11月21日土曜日

キッズサイエンス        「おシャーレだいず図鑑」

 


【日時】2020年11月8日(日) 
    ①9:20~9:50 ②12:20~12:50 ③15:20~15:50

今日の作品♪
【場所】港区立みなと科学館 実験室

【読んだ本】『だいずえだまめまめもやし』こうや すすむ 文 、 なかじま むつこ 絵(福音館書店)

【内容】色々な大豆や、加工品の紹介、その後、シャーレを使った図鑑作りをしました。

【次回予定】2021年2月28日(日)時間未定 みなと科学館にて乾物をテーマに「オシャーレ乾物図鑑」(予定)

大豆製品 ずらり!

大豆にまつわる、かがく絵本♬

よもう!あそぼう!かがくの本  「どんぐりとまつぼっくり」

どんぐりの工作♬(手前)と、どんぐり の発芽♫(奥)

【日時】2020年11月8日(日)10:30~11:30

どんぐりのセット(上)と
まつぼっくりの仲間のセット(下)
【場所】東久留米市東部地域センター講習室(東部図書館)

【読んだ本】『まつぼっくり』(かがくのとも560号)菅原久夫 ぶん、大島加奈子 え(福音館書店)

アカマツの種♪
【内容】いろいろなどんぐり、まつぼっくりの観察。発芽したどんぐりや、どんぐりに入っていた虫をみたり、マツのタネをとばす実験をしました。

【次回予定】2020年12月6日(日)10:30~11:30東久留米市南部地域センターにて「はしをつくる」をテーマに実施します。

2020年10月16日金曜日

【特別編】みのむし       その3「寄生バエ」

 ほんとほんとMLより。関西支部「ほんとほんとKANSAI 」メンバーからのお便りです。
5cmもあるミノムシ
  9月22日 京都の宝ヶ池を散策している最中、葉の少ないマルバハギの木に、こげ茶色の葉っぱの様なものがたくさんぶら下がっているのを見つけました。見ると頭を出して動いています。ミノムシでした。5㎝もあり我が家で飼育中のチャミノガ(2.5cm)より倍も大きい姿です。
解剖したら、寄生バエのサナギが9匹も!
  9月27日、伊丹市昆虫館(いたこん)のイモムシに詳しい方に見ていただきました。捕まえた晩は動いていたけれど、その後、ずっとミノの中に閉じこもって動かないのです。脱皮だろうか…話をしながらミノをはさみで開いていくと、そこには寄生バエのサナギが9匹も出てきました!「寄生バエは自分の成長に必要な時まで、ミノムシを生かしておくのです」とのこと。残念ながら、すでにミノムシは死んでいました。図鑑で調べると「ニトベミノガの頭はマーブル模様みたいな感じだけど、このミノムシの頭はしま模様になっているので、オオミノガだろうか」と、伊丹市昆虫館(いたこん)の方の判断でした。
  伊丹市昆虫館(いたこん)では、現在チャミノガ、ニトベミノガ、ネグロミノガを展示してます。オオミノガは激減して見つからず、展示が出来ていないそうです。
  マルバハギの木には、まだ20~30匹のミノムシがぶら下がっていたはず。次の休みに、元気なミノムシを捕まえたいと思います。
京都の宝ヶ池

よもう!あそぼう!かがくの本 「いとでんわ」

【日時】2020年10月4日(日)10:30~11:30

【場所】東久留米市南部地域センター講習室1

【読んだ本】『いとでんわ』小林実 ぶん(福音館書店)

コロナ対策として、道具は
すべて1人1セット準備
【内容】風船を口に近づけて声を出してみたり、輪ゴムギターをはじいてみたりすることによって、「音が出るとぶるぶるふるえる」ことを確認。長風船電話、連結いとでんわで音が伝わることも楽しく体験しました。

【次回予定】

2020年11月8日(日)10:30~11:30

場所:東久留米市東部地域センター1階講習室(東部図書館)

テーマ:「どんぐりとまつぼっくり」