2019年1月21日月曜日

【予告】ろくとほんと     「布はどうやってできている?」

【内容】織ったり編んだり、布はいろいろな方法で作られています。自分が着ている服を虫めがねで観察して、布の作られ方と特徴を確かめてみましょう。
【日時】2019年2月17日(日)
    (1)12:30~13:00 (2)13:30~14:00 (3)14:30~15:00
【場所】多摩六都科学館くつろぎ広場(リンク先はこちらから
【対象】4歳~大人(小3以下は保護者同伴)
【定員】各回8名
【参加費】入館料のみ
【申込方法】当日、開館時よりエントランスホールにて参加券を配布します(先着順)。

2019年1月20日日曜日

JR立川駅「8910(エキュート)部」「かんぶつ図鑑」をつくろう

【日時】2019年1月19 日(土)12:00~16:00
【場所】JR立川駅エキュート立川「タマリバ」
【紹介した本】「しわしわかんぶつ おいしいよ」福音館書店
【内容】おせち料理に使われる、干ししいたけ、昆布、かんぴょうなどを台紙に貼り付けてシャーレに入れ、おシャーレな「かんぶつ図鑑」を制作しました。からからに乾いた乾物を、一晩水につけたものと比較し、乾物の材料や作り方を絵本で紹介しました。
【次回】2019年2月16日(土)「だいず図鑑」をつくろう

2019年1月16日水曜日

東芝未来科学館サイエンスクラブ みかんでマジック?!ーー「みかんのひみつ」をしらべようーーー

【日時】2019年1月12日㈯  11:35~15:05
【場所】東芝未来科学館 【読んだ本】 『みかん』  福音館書店
【内容】さまざまな種類の柑橘類・あぶり出しの絵・ミカンの木の写真などを展示し、みかんの観察やグループごとの「みかんの房の数あて」を体験の後、絵本の読み聞かせをしました。実演は「あぶり出し」「みかん花火」「みかんろうそく」など。工作では「みかんの消えるカード」をつくりました。
【参加者】どなたでも各回15名 (今回は3歳児親子から中学生まで参加いただきました) 
【次回】2019年2月8日㈯ 「やさいはいきている」をテーマに実施予定です。

2018年12月16日日曜日

JR立川駅「8910(エキュート)部」「宝の石図鑑」をつくろう

【日時】2018年12 月15 日(土)12:00~16:00
【場所】JR立川駅エキュート立川「タマリバ」
【紹介した本】科学のアルバム『鉱物 地底からのたより』
       (あかね書房)
【内容】8種の宝の石の原石を、マグネット付きシャーレの台紙にミネラルタック(鉱物固定用粘土)で貼り付けて、「宝の石図鑑」を制作しました。化石やアメジスト原石、「砂漠のバラ」「ラビットテール」などの名の岩石や鉱物標本を観察し、ほたる石に紫外線ライトをあてる発光実験を体験しました。
【次回】2019年1月19日(土)「かんぶつ図鑑」をつくろう。

2018年12月14日金曜日

東芝未来科学館サイエンスクラブ ♪りんご・リンゴ♪ ーー「リンゴのふしぎ」をしらべようーー

【日時】2018年12月8日㈯  11:35~15:05
【場所】東芝未来科学館
【読んだ本】しぜんにタッチ『りんご みのった』
      (ひさかたチャイルド)
【内容】りんごの輪切りや、お尻の花の後を観察、すりおろしりんごの色の変化を体験しました。

【次回】2019年1月12日㈯ 「みかん」をテーマに実施予定です。

2018年12月5日水曜日

UJIあさぎりフェスティバル2018「おシャーレなまめ図鑑をつくろう」

【日時】2018年12月2日(日)10:30~14:30
【会場】京都府宇治市男女共同参画支援センター(ゆめりあ)4階会議室

【読んだ本・紙芝居】
(1)絵本『だいず えだまめ まめもやし』こうやすすむ・文、なかじま
   むつこ・絵(福音館書店)
(2)紙芝居『へんしんまめまめ』 土田 義晴 脚本・絵(童心社)
(3)絵本『あずき』新井真紀・絵(福音館書店)
【ブックトーク】
①豆の名前を知ってもらったと思うけれど、豆はどうして育つのか見たことありますか?エンドウ・エダマメ・インゲン『しょくぶつのさいばい』(フレーベル館)
②ソラマメはサヤが上を向いて(空を見て)育つので、ソラマメと名付けられました。豆の名前は形や模様・色でつけられたものもあるけれど、このように豆の様子から名前がついたのもあります。『野菜と果物』(小学館)
③では、ここでクイズです。『おいしい根っこ』落花生、花がおちで実がなるのでこの名前がつきました。『ラッカセイの絵本』
④落花生は土の中に実がなり、エダマメやソラマメは土から養分を吸って大きくなります。土って大切なものだと思いませんか? 『そだててあそぼう 土の絵本』
⑤昔から田んぼの畔に豆類の作物が植わっていると次の年は豊作でした。“緑肥”という豆類をすきこむ知恵を持っていました。
⑥豆は古い歴史をもっていて、先のお話にもあったようにいろんなものに変身します。そんなことを知りたい人は、『へんしんダイズくん』を読んでみてください。
⑦『ジャックと豆の木』(えんどうまめ)『まめとすみとわら』(そらまめ)『そらまめくんのベッド』(そらまめ)などマメ科の成長特徴など関連付けて紹介しました。


2018年12月2日日曜日

よもう!あそぼう!かがくの本 「見て さわって しらべよう!かわらの石」

【日時】2018年11月4日(日)10:30~11:30
【場所】東久留米市立中央図書館みんなのへや
【読んだ本】『石はなにからできている?』西村寿雄・文、武田晋一・
      写真(岩崎書店)
【担当】多摩六都科学館学芸員
【内容】アクリルチューブを使っての堆積実験、岩石標本を使っての石のなまえ当てクイズなど。科学館所蔵の実験道具、標本をお持ちくださり、ほんとほんとメンバーがなかなか挑戦できないテーマで、よもあそが行われました。
 ブックトークで『石の卵』も紹介されました。本に出てくるサンダーエッグなどもブックトーク時に実物を紹介しました。かわらの石とは違う石の美しさに子どもたちも興味津々でした。


【次回】2019年1月27日(日)「おもさくらべ」をテーマに、JPIC読書アドバイザー(館林市 向井千秋記念子ども科学館 指導員)が担当してくださいます。